前期英語学Iに引き続き音韻論・形態論、統語論、意味論、語用論、英語の変種を扱います。